とにかく寝よう!なにも考えない時間は最大のストレス解消法

睡眠は脳を休めてストレス解消に繋がる

ストレス解消法としては、ただ眠ることも効果的です。人は起きている間、何も考えずにいるのは非常に難しいです。そして、何かを考えているのであれば、脳は常に稼働し続けている状態となります。それに対して、睡眠している間は基本的に何も考えずに済むため、脳が休まります。ストレスは脳が疲れてしまうことが主な原因なので、睡眠で脳を休めることが一番大切です。そのため、睡眠は数あるストレス解消法の中でも、最大の効果が期待できると言っても過言ではないでしょう。しっかり休息が取れた脳は、幸せを感じられるホルモンをしっかり出せるようになったり、日中稼働している間に疲れにくくなったりします。また、耐久力も上がるため、少しの負担ではストレスも溜まりにくくなります。

寝すぎてしまわないように注意

睡眠は脳を休めることでストレスを解消できますが、長い時間寝れば良いというわけではありません。基本的には、自律神経のバランスを整えるために、毎日決まった時間だけ睡眠を取ることが望ましいです。もし、必要以上に寝すぎてしまえば、自律神経のバランスが崩れます。そうすると、血流の循環が悪化したり、不眠状態になったりして、ストレスが溜まりやすくなります。大事なのは睡眠時間の長さではなく、睡眠の質です。最適な睡眠時間は人によって異なり、5時間から8時間が目安です。 睡眠時間中は目が覚めることなく、深く眠れるのが理想的です。そのためには、寝る直前にスマートフォンの画面を見たり、食事をしたりすることは良くありません。就寝の1時間前辺りから身体を休め、自然と眠れる状態にしましょう。